子どもと触れ合おう

愛着・・・『相手を大事に思う気持ちに支えられた絆』

子どもの最初の愛着がお父さん、お母さんなど一番近くにいる人、一番世話をしてくれる人との絆と作り、それを基盤として、他の人との人間関係を築いていくのです。


幼稚園へ通いだした頃、先生から『お子さんにいっぱい甘えさせてあげてください』と言われました。
初めて家庭を離れて集団生活をする娘。

あらためて、安心できる場所が自分にあるんだという絆を確かめたいんだそうです。そのため、抱っこしたり、いっぱい話を聞いたり・・・
一緒に笑って、一緒に歌を歌ったり、遊んだり。

乳幼児期はたくさんスキンシップを図る!!

親子の 絆を深めましょう!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック